WiMAXは工事不要で素早くインターネットに接続できます

WiMAXは持ち運びが可能な無線形式のインターネット回線です。契約後は提供されたモバイルルーターを使ってインターネットに接続します。

WiMAXの特徴について

WiMAXは無線通信技術の規格の1つです。人口希薄地帯や光回線など高速通信回線の敷設が困難な地域において、インターネットへ接続するための手段として期待されています。

最近では高速移動体通信用の規格も策定されるようになりました。携帯電話の3GやLTEなどと同様に、世界基準の移動体通信方式の規格に数えられます。参考記事:無線LAN規格の違い | IODATA アイ・オー・データ機器

日本ではKDDIグループのUQコミュニケーションズ株式会社によってサービスが提供されています。

WiMAXの様々なメリットとは

  • 工事不要で使えます
  • 速度制限の条件が非常に緩やかです
  • 機種変更もできます

WiMAXは工事をしなくても簡単にインターネットへ接続できるというメリットがあります。もともとは人口希薄地帯や山間部などで高速通信を行うことを期待されていました。

しかし最近では、一般的な都市部において自宅の固定回線として利用している人が増えています。呼び方としては、置くだけWiFiとも言われています。

WiMAXは速度制限の条件が非常に緩やかです。もともとは制限がありませんでした。現在では3日間で10GBを超えなければ速度制限をされることはありません。

携帯電話のキャリアの場合は、月に5GBや7GBを超えた場合に制限されるのが一般的です。WiMAXの方が遥かに緩やかな条件で利用することができます。

モバイルルーターが古くなった場合には、無料で機種変更することも可能です。基本的に現在のモバイルルーターを22か月以上使用すると、無料で機種変更ができるようになります。

WiMAXを利用するには

WiMAXの使い方は非常に簡単です。誰でも気軽にWi-Fiを使うことができます。インターネットに接続するには、まずWiMAX本体を操作してSSIDとパスワードを表示します。

さらにスマートフォンやタブレット、パソコンでSSIDを選んでパスワードを入力するだけです。たったこれだけの作業で素早くインターネットに接続できます。

WiMAXが向いている人とは

WiMAXは工事をしなくても素早くインターネットに接続できるという特徴があります。速度制限の条件も非常に緩やかです。

モバイルルーターを持ち運んで使えるので、基本的に外出先でインターネットを使いたい人に適しています。

もともとは人口希薄地帯や山間部などにおいてインターネットに接続することを期待されていましたが、最近では都市部で自宅の固定回線として利用する人も多く見られるようになりました。状況に応じて様々な使い方が可能です。

参考記事:おすすめWiMAXの比較